スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ultimate Jam Night Lucky Strike Live 2016 Jan 20th

皆さまご機嫌いかがでしょうか。
実に久しぶりの更新であります。

個人的に入院があったりだとか、
来日公演を観て気持ちがパンクしてしまった部分もあり
更新ストップしてしまっていたんですが
ここ最近Youtubeの色々な動画でNunoの姿を観て、
気持ちが復活してきたので復活する事にしました。

今日紹介する動画はハリウッドにあるWhisky a Go Goで毎月(?)行われている
Ultimate Jam Nightと言う名の企画Liveの模様です。

NUNO BETTENCOURT BILLY SHEEHAN FERLAZZO SOBEL Ultimate Jam Night Lucky Strike Live 1/20/2016


いつも違うメンバーで演奏が行われているようですが
この動画では
Gt&Vo. Nuno Bettencourt
Ba. Billy Sheehan
Key. Steve Ferlazzo
Dr. Glen Sobel
という構成のようです。
スティーブ・フェルラッツォはDramagodsでも一緒にやってた仲ですね。

とにかくまず動画を観てもらいたいんですが、非常に高画質!
そして演奏してる曲がGravity!!!
ソロキャリアの中でも代表曲と言えるこの曲が聴けるのは嬉しいですね!
ここ最近精力的に活動してたせいか活き活きして見えるし、
何より演奏の安定感半端ないです。
何気なく左手ハンマリングで音出して、右手でさらりとマイクスタンド動かす仕草のカッコいい事!!!
ヘッドの余弦部分に黒い羽根を付けているのもオシャレに見えますね。

Monsters of Rock Cruise だとかネタに出来そうな動画もいっぱいあるので
またボチボチ更新していこうかと思います。
Nuno好きの皆さん、良かったらまたよろしくお願い致します。
スポンサーサイト

Maubere by Rui Veloso / モウベーア by ルイ・ヴェローゾ

012Nuno.jpg



ポルトガル繋がりでのお仕事みたいです。
2:40辺りからのギターソロをNunoが弾いてます。
このPVにも映ってて、ヌーノファンには嬉しいところ。
バッキングのチャキチャキしたクリーンも
もしかしたらNunoが弾いてるかも。

ヒゲ生えてるってことは、
フレディ・マーキュリー追悼コンサートの前後辺りでしょうか?
1992年ですね。

More Than Words by Alanis Morissette & Nuno Bettencourt / モア・ザン・ワーズ by アラニス・モリセット & ヌーノ・ベッテンコート

NunoAndAlanis.jpg

Alanis Morissette と二人で
More Than Words をプレイしてる動画です。



Nightwatchman (Tom Morello) の
アルバムリリースパーティでプレイしたみたいです。

「オー!この曲やるのにもう一人いるじゃん!」
なんて言う、Nunoの小芝居もありつつ
アラニスを招き入れ、演奏がはじまります。
NunoはGaryパートと、自分のコーラスパートを
行ったり来たりしてます。
改めて思うけど、やっぱり歌上手いなぁ。




The Kiss by Dweezil Zappa featuring Nuno Bettencourt / ザ・キス by ドゥイージル・ザッパ フィーチャリング ヌーノ・ベッテンコート

DweezilZappa.jpg

Dweezil Zappa のソロアルバム
Confessions に収録されてます。



ドゥイージルと言えば、
「He-Man Woman Hater のイントロを弾いた」
というエピソードでEXTREMEファンの皆さんには
お馴染み!・・・のはず。

昔は、このイントロってのが
ディレイを使ったアレの事だと思われてたんですが
どうやら本当は、その部分が終わった後の
メインリフの上で弾いてるソロがそれみたいです。
もの凄いフィードバックさせてるヤツです。
そう言われて聴くと、ギタートーンも違うし
プレイも若干違うのに気付きますね。

で、そのドゥイージルは
このソロアルバムをヌーノと共同プロデュースしてます。
この曲では、ヌーノがヴォーカル担当してます。

なんで他人のソロアルバムで、メインヴォーカル取ってるんだよ!
しかも本職ギタリストなのに!
とツッコミ入れたくなりますねw

でも、曲にマッチしてるからオッケー!
Nunoファンにしてみれば喜ぶべき!w
まだこの頃は声が細いですね。
曲自体がカッコいいから楽しく聴けるなぁ。





Runaway Train by Arashi / ランナウェイ・トレイン by 嵐

003Nuno.jpg

ARASHIC 収録。



どういう繋がりで仕事する事になったのか謎なんですけど
Nunoはたまに日本のアーティストとも仕事してるんですよね。

この曲では、バッキングとソロのギター担当してます。
ちなみにベースはMr.BIGのBilly Sheehanです。

2:05辺りからの、ディレイを使ったフレーズを入れるセンス!
その後、ちょっと歌を挟んでギターソロ!
このソロが、フェイザーかけたNunoお得意のトーンで
フレーズもNunoらしさ満点!
ピッキングのカカカッってニュアンスもそうだし
軽いライトハンドも使ってくれちゃって
どこを取ってもNuno印が刻みこまれてます。
よくできたソロだわ。




プロフィール

にゃろ

Author:にゃろ
Nuno大好きっす
Twitterやってます
@nyaro111

ギターも弾きます。
機材について書く事も!

コメント欄の書き込みへのレスや、メールフォームからのメッセージへのお返事は必ずします!(少々お時間のかかる場合もあります)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。