スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21 Guns by Green Day / 21 ガンズ by グリーン・デイ

GreenDay.jpg



カリフォルニア出身のポップパンクバンド。

Green Day。
昔は嫌いでした。
やたらメロコアが流行った時期に
代表格が彼らでしたから。
その頃は硬派なハードロッカー気取ってましたのでね。
「メロコアなんざクソだ!」
って思ってました。

時は流れ、少しずつそちらの世界に傾倒していきましたが
Green Dayを認めざるを得なくなったのは
American Idiotの力ですね。
ただのパンクバンドじゃなくなってました。
強力なメッセージ性と、圧倒的なスケール感。
これ以降のGreen Day大好きです。

そんな後期(?)Green Dayの楽曲で
一番のお気に入りが21 Gunsです。
歌詞は和訳を読んでも、
その意図するところが分かりませんが
サウンドから曲に込められたパワーを感じる事はできます。
サビの爆発力すご過ぎです。

Liveでもすごい。






Dark Blue by Jack's Mannequin / ダーク・ブルー by ジャックス・マネキン

JacksMannequin.jpg



オレンジカウンティ出身のピアノエモバンド。
Something CorporateのAndrew McMahonの
ソロプロジェクトとして始まったバンドです。
って言っても、Something Corporate殆ど聴いた事無いです(すみません)

でも、この曲が収録されているアルバム
Everything in Transit はめっちゃ聴きました。
すごくイイです。
美メロ満載。

キャッチーな楽曲なので明るい歌詞かと思いきや
アルバム製作段階で、白血病にかかったらしく
比較的暗め(内省的?)の、難解な歌詞が乗せられています。

Aメロで声のニュアンスを変えて、
かけあいみたいになってる部分が好きです。
特に2コーラス目Aメロの
All I can see~♪
って自然にハモりになるトコたまらんです!




Fallen Angels by Nuno Bettencourt / フォールン・エンジェルズ by ヌーノ・ベッテンコート

013Nuno.jpg



Schizophonic 収録。

当時のインタビューで、
「既にレコーディングを終えてるのに、似たような曲がリリースされて
 フラストレーションが溜まったよ。」
って答えてたのは、この曲の事を指してたのかなぁと思ってます。

ループを使用してたり、R&B(?)とロックが接近したような曲調とか。
当時こういうサウンドが出現しつつあった時代だったように思います。

エレクトリック・シタールを使用したりとか
かなりの実験精神が見受けられる曲ですね。
ベースもずーっと同じフレーズだったり。

グルーヴにまかせっきりになるのでは無く
そこに良メロを乗せてくるのがNuno!
(何度も同じ事書いてる気もしますが・・・)

この曲あんまり人気無いのかなぁ?
私すごく好きなんですけど。





Maubere by Rui Veloso / モウベーア by ルイ・ヴェローゾ

012Nuno.jpg



ポルトガル繋がりでのお仕事みたいです。
2:40辺りからのギターソロをNunoが弾いてます。
このPVにも映ってて、ヌーノファンには嬉しいところ。
バッキングのチャキチャキしたクリーンも
もしかしたらNunoが弾いてるかも。

ヒゲ生えてるってことは、
フレディ・マーキュリー追悼コンサートの前後辺りでしょうか?
1992年ですね。

Say It Ain't So by Weezer / セイ・イット・エイント・ソー by ウィーザー

weezer.jpg



Weezer(通称ブルーアルバム)収録。

エモの元祖みたいな存在のWeezer。
唯一無二の泣きべそメロディ。
静と動。
そしてエモーショナルなヴォーカル!
湿っぽい感じがたまらなくいいです。

エモというジャンルも、どんどん拡大していってしまいましたが
やっぱり基本は「陰」の音楽ですよね。
ショボくてナンボ!みたいなトコありますから。

でもメロディは超キャッチーです。
サビのチョーキングも効いてる!

この曲聴くと、ハイネケンが飲みたくなるわ。


大盛り上がりのLiveも是非。







My Hero by Foo Fighters / マイ・ヒーロー by フー・ファイターズ

FooFighters.jpg



Colour & the Shape 収録。
元Nirvanaのドラマー Dave Grohl 率いる
Foo Fighters の2ndですね。

いかにもアメリカンな、ビッグスケールのサウンド。
ひたすら前向きで、力強い感じ。
普通の人間がヒーローなんだぜ!
っていうメッセージが、強く心に響きます。

このPVは長回しのワンカットで、
火事のアパートの中に残された人達を
一人の男性が救出に向かう場面を追っています。
その途中に、メンバーがどんどん移動しながら
演奏をしてるシーンを挟んでるんですが
裏での移動大変そうだなーって思いました(小並感)。
犬にまで目線入ってるの面白いですねw





So Blind by Harem Scarem / ソー・ブラインド by ハーレム・スキャーレム

haremscarem2.jpg



アルバム Big Bang Theory 収録。

色褪せない名曲。
私が未だに愛聴してる一曲です。

まだギリギリHRバンドとして活動してた時代ですが、
この曲は思いっきりパワーポップしてます。
サウンドは少し重めですが、
この疾走感とポップ&キャッチーなメロは
HR/HMファンとはちょっと違う層にもウケたと思うんだけどなぁ。

でも、曲調とは裏腹に歌詞がダークで混沌としてて・・・。
色々もったいないよ!

Liveもいいですよ~。





Warheads by Extreme / ウォーヘッズ by エクストリーム

EXTREME005.jpg



III Sides to Every Story 収録。

アルバムのオープニングナンバー。
Extremeファンの中でも、非常に人気の高い一曲。
Liveの時に、次の曲リクエストの意味で
「Warheads!!!」って叫ぶオーディエンスの多い事!

でも、メンバー内での評価(?)が若干低めなのか、
デカダンやGTFO、キューピッズみたいに
セットリストの常連入りはしてないです。
(それだけに、Liveで聴けた時の嬉しさはひとしお)




マンジーニドラムのLiveです。
ヌーノの、コーラス唄いながらの安定したバッキングしびれる!
その後のFxxk You!ポーズもカッコいい!

ギターソロは全体的に大変です。
前半のアウトサイドの弦移動も忙しいし、
後半の両手交差も指板見にくくてしんどいし。
でも、テクニカルでありつつも
「唄える」ソロなのがさすがヌーノ!




2005年の再結成Live。
絶不調のヌーノ!
(と言うか、ただ単に練習不足?)
グッダグダのギターソロです。
ここまで乱れてしまってるヌーノは、かなり珍しい。
(集金ツアーだったから手抜きですか?)



Stay (I Missed You) by Lisa Loeb / ステイ(アイ・ミスド・ユー) by リサ・ローブ

Lisaloeb.jpg



テキサス州ダラス出身のシンガーソングライター。

アンプラグドブームの真っ只中に
レコード会社との契約が無いまま、ビルボードNo.1を獲得するという
史上初の快挙を成し遂げます。

この曲はメロディーが良いのはもちろんですが、
やはり歌詞が最高です。
男女の別れの微妙な心情が、繊細につづられています。
最後の「And you say~ Stay~」は
それまで言葉を詰め込むように唄ってきたのと対照的に
スパッ!とコンパクトな言葉の中に、多くの気持ちが込められているように感じます。
名曲だなぁ。


余談ですが、リサはドゥイージル・ザッパと付き合ってました。
来日Liveにも、ツアーギタリストとして参加してましたし(観にいきました)。
その後を知らなかったんですが、wikiで調べたら
2009年に違う男性と結婚してるではないですか!
あのバカップルっぷりはナンだったのか・・・。





Somewhere Only We Know by Keane / サムウェア・オンリー・ウィ・ノウ by キーン

Keane.jpg



イングランド出身のピアノエモバンド。
3ピースで、担当楽器はドラム・ベース・ピアノ。
ギターレスです。
ギタリスト的には寂しいところですが、
これが繊細にサウンドにつながってるのかなと思います。

イギリスらしい、少し憂いのあるメロディーが美しいです。
透明感溢れるヴォーカルも素敵。

曲構成を少し分解してみると
イントロ→A→B→A→B→
となっており、初回のBメロからベースが入り、
2度目のAメロからドラム入ってきて
徐々に盛り上げていっています。

そして!その後に続く、
サビ→B
  ↑
このサビ後に一度プチブレイクみたいになった後、
Bメロが入ってくる所が最高に気持ちいい!!!
この展開ホント好き。

さむーい冬の日に聴くと、めっちゃ沁みます。




プロフィール

にゃろ

Author:にゃろ
Nuno大好きっす
Twitterやってます
@nyaro111

ギターも弾きます。
機材について書く事も!

コメント欄の書き込みへのレスや、メールフォームからのメッセージへのお返事は必ずします!(少々お時間のかかる場合もあります)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。