スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Heartbeat by Tahiti 80 / ハートビート by タヒチ80

Tahiti80.jpg



フランス出身のギターポップバンド。

日に日に気温も上がり、
こんな爽やかな曲が似合う季節になってきました。

初めてこの曲を耳にした時は、
「リッチー(・コッツェン)すごいポップな曲書いたな」
って思いました。
声が微妙に似てませんかね?

軽快なカッティングギターに
シルクの様な優しい声のポップメロ。
気持ちイイです。




スポンサーサイト

Extreme Live at Rocklahoma 2014 Part.2 / エクストリーム ライヴ@ロックラホマ2014 その2

EXTREME009.jpg

昨日の今日で早速いくつかの動画消されてましたね(苦笑)
Hole Heartedの動画追加されてたので、皆様お早めにお楽しみください。

Hole Hearted

Extreme Live at Rocklahoma 2014 / エクストリーム ライヴ@ロックラホマ2014

EXTREME008.jpg

5/25の日曜日に行われた、ロックラホマフェスの動画です。
セットリスト詳細不明。
動画に上がってるのが確認できたのが以下の曲。

Decadence Dance
It ('s a Monster)
Play With Me
More Than Words
Take Us Alive

この他に Get The Funk Out と Kid Ego と
Communication Breakdown (Led Zeppelin cover) もプレイした模様。


動画観てもらえると分かりますが、
お客さんが物凄くのんびり観てるw
フェスとは言え、みんなもっと盛り上がってほしいな~。

Nunoのアンプがマーシャルになってる!!!

Decadence Dance


It ('s a Monster)


Play With Me


More Than Words


Take Us Alive


It ('s a Monster)中心に、色々。
音割れてますけど、前方から撮影されてますので
メンバーの姿が鮮明です。


Communication Breakdown


オマケ



Get The Funk Out の動画も上げられてたみたいなんですが
ソッコー消されてます。
もしかしたら、今回貼った動画も消える可能性ありますので
お早めにどうぞ。

Don't Stop Believin' by Journey / ドント・ストップ・ビリーヴィン by ジャーニー

Journey.jpg

Don't Stop Believin' by Journey / ドント・ストップ・ビリーヴィン by ジャーニー



サンフランシスコ出身のハードロックバンド。
80年代を代表するような、超有名バンドですね。

ここ1週間ぐらい、ずっと頭の中で
Journeyばっかり流れてましたw

Escapeはもう随分昔に買って
何度も聴いていたんですが、改めてYoutubeで動画観たら
スティーヴ・ペリーのヴォーカルがとんでもない事に気付きました。

アーネル・ピネダも良いヴォーカリストなのに
なんであんなに批判的な意見ばっかりなんだろ?
って疑問だったんですけど、
スティーヴ・ペリー時代のLive動画観まくったら
それも仕方の無いことだと理解できました。

上記の動画はヒューストンでのLiveですが
CD音源より凄い声ってどういう事・・・。

あと、とにかく曲が良い!
今聴いても、まったく色褪せてないです。
突き抜けるようなハイトーン最高ですね。
何気にコーラスもみんな上手い!
ギタリスト的には、1回目のAメロ後に出てくる
ニール・ショーンの速弾きにも惹かれます。

Don't Stop Believin'!




Young Guitar June 2014 and Traffic Jam Zombies / ヤング・ギター6月号 and トラフィック・ジャム・ゾンビーズ

016Nuno.jpg

amazonで注文してたYOUNG GUITAR誌が
今日やっと届きましたので、早速Nunoのインタビューを読みました。

Extremeとしての仕事はほとんどやってなかったみたいですね。
昨年11月でリアーナとのお仕事は終わってたらしいんですが、
メンバーとのタイミングが合わなくてアルバム制作できなかったとの事。
この部分、若干解散直後のグチっぽい内容を話していたインタビューと
似たような匂いをほのかに感じたのは私だけでしょうか・・・。
あと、映画の脚本書いてたんですね。
これは意外。

こちらのブログへコメントいただいていました情報通り、
どうやら来日公演では新曲をやる意向のようです。
「できれば3曲やりたい」とのことですので、
俄然期待が高まります。

このインタビュアーさんが最後に、
NunoのiPhoneから新曲を聴かせてもらったらしいんですが
その曲名が・・・
Traffic Jam Zombies
って、えっ!?
コレ↓のことですか!?
Traffic Jam Zombies by Mourning Widows
http://nunonagoya.blog.fc2.com/blog-entry-8.html


この曲好きですけど、
Extremeで演るにはポップ過ぎるんじゃないかな・・・。
でも、「ビートの激しい16分リフが目立つイントロ」
って書いてあるし、同名の新曲かな?
新曲だといいな・・・。




Extreme Live at M3 Rock Festival 2014 / エクストリーム ライヴ@M3ロックフェスティバル2014

Extreme Live at M3 Rock Festival 2014 / エクストリーム ライヴ@M3ロックフェスティバル2014

ExtremeM3.jpg

Saturday 26 April 2014
Merriweather Post Pavilion, Columbia, MD, US

1. Decadence Dance
2. Kid Ego
3. It ('s a Monster)
4. Rest In Peace
5. Am I Ever Gonna Change
6. Play With Me
7. More Than Words
8. Cupid's Dead
9. Bumblebee and Get the Funk Out
10. Hole Hearted

来日公演も上記セットリストが基本になるかと思われます。
動画貼っておきます。

1. Decadence Dance




2. Kid Ego


3. It ('s a Monster)




4. Rest In Peace




5. Am I Ever Gonna Change




6. Play With Me




7. More Than Words




8. Cupid's Dead




9. Bumblebee and Get the Funk Out




10. Hole Hearted




ほんの一週間前のプレイを、すぐに観られる現代はすごい。

Aspirins And Alcohol by Last Days Of April / アスピリンズ・アンド・アルコール by ラスト・デイズ・オブ・エイプリル

LastDaysOfApril.jpg



スウェーデン出身のエモバンド。

バンド名に引っ掛けて、本当は昨日更新する予定でしたが・・・。

エモいヴォーカルが、ジャズマス(?)の暖かい歪みと
実に濃密に溶け合っています。
ストリングスも奥の方で鳴りつつ。

That's nice~♪
のサビが耳に残りますね。
派手派手しくなくて、奥ゆかしい感じがエモい。

エモの名曲。




プロフィール

にゃろ

Author:にゃろ
Nuno大好きっす
Twitterやってます
@nyaro111

ギターも弾きます。
機材について書く事も!

コメント欄の書き込みへのレスや、メールフォームからのメッセージへのお返事は必ずします!(少々お時間のかかる場合もあります)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。