スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Something About You by Dramagods

サムシング・アバウト・ユー by ドラマゴッズ

Dramagods のアルバム Love 収録です。
まずは動画どうぞ~。



どこかで読んだ情報によると(レイザさんのトコで読んだのかな?)
頭のリフは何年も前から、リハで弾いたりしてたらしいです
(リハからバンドと同じ場所にいて、聴いてられるなんて裏山)。
で、その後、然るべきタイミングで他のピースが現れて
ひとつの楽曲になったそうな。
このエピソード好き。
なが~い時間をかけて、やっと仲間が見つかった
みたいなね。

Nunoらしい美メロがたまらんです。
あと、このアルバムからNunoのヴォーカルのレベルが
グッと上がったと思います。
艶があって太い声になったよね?

スキゾツアーで声の出し方分からなくて、
喉痛めちゃって、
名古屋公演1時間遅れになったのも
今となってはイイ思い出ですw
あの日キャンセルしなかったNunoは偉い!

ソロは速弾きはもちろんだけど、
それ以上に、メロ弾いてる部分の
独特のタイム感が難しいと思う。
「モタり」と「タメ」の違いを分かるまで
リズムを極めなければ、こうは弾けない。

偉そうな事を言っていますが、
もちろん私この曲バッキングしか弾けませんw




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>頭のリフは何年も前から、リハで弾いたりしてたらしいです
(リハからバンドと同じ場所にいて、聴いてられるなんて裏山)。
で、その後、然るべきタイミングで他のピースが現れて
ひとつの楽曲になったそうな。

昔話で申し訳ないのですが、丁度10年前に渋谷でヌーノのギタークリニックがありまして、参加したんです。その時の質疑応答の際に

「日常の中でかっこいいと思う曲の断片を思いつくことがあるんです。そういう貯まった断片を広げてひとつの曲にしようとするんだけど、なかなかまとまりません。あなたはどういう風に作曲をされますか」

という今思うとアホな質問したところ、

「僕も以前は貯めてあった断片を色々いじって一つの曲にしていた時期もあったけど、最近はいいフレーズを思いついたらそこで止めずにもう一分張りして一曲にしてる。
もちろんやってみてもうまく曲にならないアイデアもたくさんあるんだけど、ちょっと惜しくてもそれは捨てる。
その時のインスピレーションで出来上がるものを大事にしてるんだ。」

というような趣旨の答えを話してくれ、個人的にとても感銘を受けました。

けどあれれ?

時期も丁度DORAMAGODS前で同じ時期なんですが、言ってたことちょっと違うよヌーノ!!www






Re: No title

コメントありがとうございます。
ヌーノの話題で盛り上がれてうれしいですw

ギタークリニックとか超うらやましいです!
しかも直に質問なんて!!!
ヌーノの作曲の仕方って、すごく興味があるので
非常にナイスな質問だと思います。

Something About Youのこのエピソードは、
たしかNuno Page in Tokyo (レイザさんトコです)で
読んだような・・・って感じの曖昧な記憶なので、
間違っているかもしれません(汗)

> 「僕も以前は貯めてあった断片を色々いじって一つの曲にしていた時期もあったけど、
> 最近はいいフレーズを思いついたらそこで止めずにもう一分張りして一曲にしてる。
> もちろんやってみてもうまく曲にならないアイデアもたくさんあるんだけど、
> ちょっと惜しくてもそれは捨てる。
> その時のインスピレーションで出来上がるものを大事にしてるんだ。」

私も、どこかで似たような内容のヌーノの話を読んだor聞いたような記憶あります。
「思いついた時に一気に仕上げるようにしてる」と。
確かにそれは真実だと思います。

でも、ヌーノの発言を100%真に受けると危険ではあります。
Dramagodsに関して「これが最後のバンドだよ」発言もありましたし、
Mourning Widowsに関しても、最後のバンドにする覚悟で
左腕にあのタトゥー(MWのマーク)を入れてると思いますし・・・。
去年だか一昨年だかのインタビューでは、
「今EXTREME用の新曲に取り掛かってるよ。
 リアーナのツアーが終わったらレコーディングする事になるだろうね」
みたいな発言をしてたはずですが、
ニューアルバムに関する話題は一切無いまま
今回の来日→ヨーロッパツアーとなってますし・・・。
Liveアルバムについて「手直しなんかしちゃダメだろ」なんて言いながら
Guitar Warsで録り直しした事もありましたなぁ。

曲作りに関しても、Saudades de Rockなんて、
こっそりリサイクルされてるフレーズが結構ありますからw
(特に、ブログでも書いたGod Took A Picture とComfortably Dumb!)
一度捨てたフレーズでも、未発表であるならば
再び掘り起こしてくる位全然許せる範囲です。

と言うワケで、ヌーノが言ってた事が違っても
許容していくのが、我々ファンの正しい姿なのでしょうw
プロフィール

にゃろ

Author:にゃろ
Nuno大好きっす
Twitterやってます
@nyaro111

ギターも弾きます。
機材について書く事も!

コメント欄の書き込みへのレスや、メールフォームからのメッセージへのお返事は必ずします!(少々お時間のかかる場合もあります)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。