スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EXTREME Live in Japan 2014 3rd Day Setlist / エクストリーム 来日公演 2014 3日目セトリ

この時間に強引に更新。



































































2014年6月10日(火) TOKYO DOME CITY HALL
Tue Jun 10, 2014 TOKYO DOME CITY HALL (Tokyo)

01. It ('s A Monster)
02. When I'm President
03. Rest In Peace
04. Cynical
05. Color Me Blind
06. Flesh 'n' Blood
07. Learn To Love
08. Cupid's Dead
09. Midnight Express
10. More Than Words
11. Play With Me
12. Am I Ever Gonna Change
13. Take Us Alive
14. Hole Hearted ~ Crazy Little Thing Called Love
15. Flight of the Wounded Bumblebee
16. Get The Funk Out

17. When I First Kissed You
18. Decadence Dance
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

3日目のドームシティは渋公より規模が小さく、席が前のほうだったためかなりステージに接近して
観られました。
そこで離れていると気づかなかった細かいネタバレを書こうと思います。







ゲイリー
かなり鍛えて来ていました。全盛期のヌーノくらいのマッチョぶり。
でも体脂肪はかなり低めっぽい。相変わらず頬はこけてます。
でも来月で53歳?!だけあって肌とかは寄る年波を感じさせますw

噂の頭頂部はなかなかのものですが、最初から見せてくるあたり、あまり気にしてないのかも。

でもあれだけ走り回って息も切れないし、歌も安定していました。
声自体も昔より声量、音域ともにパワーアップ。
観客もバンバン煽ります。
謎のダンスも健在。フロントマンとして素晴らしいです。

パット

昔の美青年ぶりはどこへやら。安定のおっちゃん体型に。

首にペンダントをしてるんですが、近くで見ると、白い長方形の板に手書きで「パット」
って書いてありました。ファンの人からもらったのかな。だとしたらいい人だ。

途中でエレクトリックのウッドベースに持ち替えたんですが、まさかのフレット付きwww
「本来フレットレスの竿にフレットを打つ」ということに、普通ベーシストは躊躇しますが、
さすがパットです。スポットで1曲だけだしそのほうが合理的だもんね。

ピッキングを近くで見ましたがかなりの順アングル。つうか弦に対して斜めすぎじゃねってくらいの
角度でした。
普通あの角度で弾いたらカスカスの音しか出せなそうですが、パットの出音はバッチリ。
ピックの人のイメージでしたが、何気に指弾きや下向きスラップなんかも織り交ぜていました。
あと素晴らしかったのがコーラス。
VHのマイケルアンソニーもそうですが、メインボーカルより更に高く声量もあり、はっきり聞き取れるコーラス。

Extreme,VAN HALEN共にベーシストのコーラスがバンドの印象を形成する上での影響が大きく、実に得がたい人なんじゃないかなと思います。

ケビン

一番の若手ですが、一番純粋さ、フレッシュさをバンドに持ち込んで
バンドを若返らせたのは彼の功績なんじゃないかと思います。

初日のラストで何やる?みたいな一瞬グダりそうな空気になったとき、デカダンスを叩き出して流れを決めたのは彼でした。

3日目のQPDのユニゾンに入るところ、ヌーノの音が出なくなりショーが止まりそうになったときに、ドラムでつないで「いつでも来てくれよ」って感じで待っていたのは彼でした。

ほかの三人がベテランで、ともすればピリッした空気になりがちなときに風を通してくれる。
バンドの人間関係上でキーマンとなるのは彼のような気がします。

ヌーノ

初日のあれはどこへやら。3日目はキレまっくたギターが炸裂してました。
近くで見て気づいたのはピッキングの強さ。
カッティングなんかは弦をしばき倒すというか津軽三味線みたいな激しさでした。

メインはYGに出ていたカーボン指板のN4で、ドロップDにするときはファインチューナーを回して
耳で調弦していました。
たぶんエフェクターボードにチューナーは入っていない気がします。

ところが途中で持ち替えた銀のN4はDチューナー付きのフロイドローズを搭載してるやつで。
それはノーマルチューニングの曲で使っていました。

「なんでドロップDの曲でそっち使わねんだよっ!!」って観てるギター小僧は全員つっこんだと思いますw

ツアー用に12弦ギターを新調したっぽいです。
アンプはMarshallではなくランドールのシグネイチャーでした。

小ネタバレは以上です。

東京で回数を重ねた分、明日はバキバキに仕上がったライブを見せてくれると思います。

にゃろさんのレポを楽しみにしています!!

Re: No title

いつもコメントありがとうございます。
こんなに細かい部分まで書き込んでもらって
かなり読み応えがありました。
私は多分こんなに書けないと思いますw

ギター持ち替えのネタ面白いですねw
アンプに関してですが、ロックラホマでマーシャルだったのは
先に船便でアジアに向けて機材を送ってたからなのかな?
って今日気付きました。
ランドールシグのトーン自体は結構いいと思うんですけど
音の立ち上がりが遅いのが気になるんですよね。
特にPHで「ゥッキーン」みたいになるのがどうも・・・。

ま、とにかく明日楽しんできます!
プロフィール

にゃろ

Author:にゃろ
Nuno大好きっす
Twitterやってます
@nyaro111

ギターも弾きます。
機材について書く事も!

コメント欄の書き込みへのレスや、メールフォームからのメッセージへのお返事は必ずします!(少々お時間のかかる場合もあります)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。