スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Decadence Dance by Extreme / デカダンス・ダンス by エクストリーム

EXTREME002.jpg

言わずと知れた名作Pornograffitti 収録。
私的にはパンチラのが好きなんですけど、
一般的にはポルノの方が人気高いんですよね。
この夏には、ヨーロッパでポルノ完全再現ツアーもありますしね。

この「Decadence Dance」や、Liveで超盛り上がる「Get The Funk Out」、
それに全米1位を獲得した名曲「More Than Words」も入ってますし、
文句無しの傑作アルバムです。
この3曲は来日ツアーでも必ず演奏するでしょう!



ハードロックファンなら、
頭のリフ聴いただけで心をガッチリつかまれてしまうと思います。
メロもキャッチーだし、
バッキングもNunoらしいセンスの良いフレーズが満載!
頭っからケツまで、手加減無しで弾きまくり!
そしてテクニカル!

このプレイにあのルックスが加われば、
そりゃギターヒーローにもなりますって。
一体何人のキッズを虜にしてることやら。

ギターの歪みもナイスです。
Nunoと言えば、このハイゲインサウンドを
思い起こす人が多いんじゃないかなぁ?
左右ダブルにして、厚み出してるのもイイんですよねー。
オリジナルのレコで真似した思い出。

ギターソロも単純じゃなくて、
(技術的な部分に限ってデカダンスのソロだけを見れば、比較的ラクな方ではありますが)
コード進行も凝ってて
ディミニッシュ使ったりしてるんですよね。
その上で弾いてるソロもクロマチック使って
実にドラマチックに仕上げられてます!

でも、何よりもスゴいと私が思うのは
これだけ細かいオブリ満載のバッキングを
グルーヴ感とドライヴ感出しまくりで弾いてる!
って点ですね。
EXTREMEはFunkのノリが肝ですから。
コピーするのに、この点の再現が一番難しい!
ま、もちろんライトハンド等、テクニック面も相当手ごわいんですがね・・・。




3 sidesのツアーから。
さらっさらのロングヘアを振り乱して弾くNuno超カッコいい。
NunoとPatが両側から、シンバルバシバシ叩く演出もイイね!
ん!?
足元にエフェクターが見えない・・・。
しかも、何も踏んでないのにフランジャーかかってる部分がある・・・。
ローディーかギターテクがエフェクターいじってんの!?
新発見ですわ・・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃろ

Author:にゃろ
Nuno大好きっす
Twitterやってます
@nyaro111

ギターも弾きます。
機材について書く事も!

コメント欄の書き込みへのレスや、メールフォームからのメッセージへのお返事は必ずします!(少々お時間のかかる場合もあります)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。