スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MF2 by Criss Angel featuring Nuno Bettencourt / MF2 by クリス・エンジェル フィーチャリング ヌーノ・ベッテンコート

NunoBettencourt-WashburnWallpaper.jpg

まずは動画どうぞ。



Nunoの情報結構追いかけてたつもりなんですけど
それでも知らない事って、やっぱりあるんですね。
この曲の事、今日初めて知りました。

クリス・エンジェルっていう、マジシャンが唄ってるようです。
この人、アメリカでは有名みたい。
TVショーの為のサントラ用らしいです。

Godsmack ってバンド
(すみません、私このバンド名前しか知りません)
のギターボーカルの Sully Erna
って人と、共同で曲を作ったとの事です。

PVに写ってるNunoの姿を見ても分かる通り
Dramagods時代です。
ギターもN5だから分かりやすいですね。

とりあえず何回かリピートして聴いてみたんですけど
作曲にNunoが関わった匂いが、ほとんどしません・・・。
あの頃のヘヴィなラウド系バンドの一般的な音って印象しか残りませんでした。
ダウンチューニングで、レスポールっぽいギターの音しか聴こえないんですけど・・・。
Nunoのギターどこ?って感じで。
右チャンネルのワウギターはNunoなんだろうけど
これですらNunoらしさあまり感じられませんし・・・。

なんと言うか・・・。
微妙・・・。

Cover Me by Lucia Moniz / カバー・ミー by ルシア・モニス

lucia_moniz.jpg

Try Again でも紹介した、
ポルトガルのアーティストです。



この映像はリハの模様なのかな?
コードちゃんと覚えてないん?w



こっちがCD音源のフルヴァージョンですね。
ドラムの音いいなぁ。

作詞・作曲Nunoです。
NunoはVoでも参加してます。
ギターは弾いてるかどうか分かりません。

ちょっと変わったコード進行が
Nunoっぽく感じます。
特に、サビの同じメロの繰り返しの裏で
マイナーに変化させるトコとか。

サビのデュエット部なんですけど
Nunoが唄ってる方が主旋律で
Luciaさんの方がコーラスに感じるのは
オレだけ?

Diary Of A Madman (Randy Rhoads Remembered) by Nuno Bettencourt @ NAMM Show 2014 / ダイアリー・オブ・ア・マッドマン by ヌーノ・ベッテンコート

randyrhoadsremembered2014.jpg

先日カリフォルニアで行われた
NAMM Show 2014 にて、
Randy Rhoads Remembered と言う企画Liveがあったようです。

最新のNunoの姿です!



Nunoのプレイキレッキレ!
N4はフレイムメイプルトップのメイプル指板ですね。
アンプはマーシャル。

この曲何!?
って調べた結果、
Diary Of A Madman と判明。
(すみません、2nd全然聴いてないっす・・・)

ヴォーカルいまいちだなぁ
なんて思ってたら、
Youtubeのコメ欄でも
「ヴォーカル○ソ!」
って書かれててワロタ


も一つおまけ。
ロン・サールのプレイするMr.Crowley です。
フレットレスでソロ普通に弾いてたw
相変わらずの変態っぷりw

Mr.Crowley by Ron "Bumblefoot" Thal






Red Rooster by Guitar Wars (Nuno and Paul) / レッド・ルースター by ギター・ウォーズ (ヌーノ・ベッテンコート & ポール・ギルバート)

今回は Guitar Wars から。
Red Rooster っていう Paul Gilbert の楽曲です。
動画どうぞ~。



Guitar Wars では曲毎にメンバー構成が違ってて
それが楽しみの一つでもあったんですが
この曲では下記のようになってました。

Gt. Paul Gilbert
Gt. Mike Szuter
Ba. John Paul Jones
Hp. Steve Hackett
Dr. Nuno Bettencourt

コレ、全ての面子について知識があったら
とんでもない組み合わせだって理解していただけますよね?
しかも、最後の行。
表記間違いじゃないです。
ドラムです。
Nunoがドラムです。
ヌードラです。

この曲での、Nunoのドラムプレイ最高過ぎ!
音の厚さと重さ、そしてグルーヴ!
もっとLiveでNunoのドラム観たいです。

Guitar Wars のドラムは
Pat Mastelotto と言う、
元King Crimson のドラマーが叩いてたんですけど、
PatよりNunoの方が断然イイ!
自分でこれだけドラム叩けるなら、そりゃPatに対して不満も溜まるわ。
(Nunoは、のちのインタビューで、
この時のPat Mastelotto についてボロクソに言ってましたw)

他のメンバーも、ソロ回ししてるんですけど
みんな強力です!
またこんな豪華企画ライヴ観てみたいものですね。




GUITAR DUEL & RISE TODAY by Alter Bridge with Nuno Bettencourt

ライズ・トゥディ by アルター・ブリッジ ウィズ ヌーノ・ベッテンコート

まずは動画どうぞ~。



Alter Bridge ってバンドのギタリスト2人と
ギターバトル後に、一曲演奏してます。
察するに飛び入りで演奏する事になったんじゃないでしょうか?
恐らくPRSは借り物かと思われます。
だって、NunoがPRS弾いてるの見た事無いもん。

PRSらしい中域こんもりのトーンですが
間違い無くNunoの音です。
やっぱり最終的には両の手で音が決まるみたいです。

3:15辺りから弾いてるのは、
NunoがよくMidnight Express の前フリで弾いてるフレーズですね。
ハーモニクスまでが一連の流れみたいです。

よそのアーティストの中に混じっても
Nunoの存在感は格別です。
プロフィール

にゃろ

Author:にゃろ
Nuno大好きっす
Twitterやってます
@nyaro111

ギターも弾きます。
機材について書く事も!

コメント欄の書き込みへのレスや、メールフォームからのメッセージへのお返事は必ずします!(少々お時間のかかる場合もあります)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。